2010年01月01日

夏のサンタ

南半球ではクリスマスが夏にやってきます。メルボルンではクリスマスは夏休みが始まって最初の行事です。クリスマスが終わると、すぐにニューイヤーイブです。(お正月は特別には祝いません。)その後の一月は、お店も長期の休みのところが多く、街はひっそりしています。
 「オーストラリアのサンタは、サーフボードに乗ってくるんでしょ?」と、よく日本の友達に聞かれます。サーフボードに乗ってくるサンタもいるかもしれませんが、私は会ったことがありません。その代わりうちの近所のサンタは、森林消防隊の消防自動車に乗ってやってきます。

IMG_0134.jpg

息子の鈴吾郎(7才)は、このサンタがクリスマスイブの夕方にやってくるのをとても楽しみにしています。イブの夕方五時頃、各町内の消防署を出発した消防車は甲高いサイレンを断続的に鳴らしながらゆっくり町内を流します。家々からは、子どもたちが飛び出してきて、消防車を待ちます。サンタは、消防車の上から、駄菓子が入った紙袋を子どもたちに投げてくれます。鈴吾郎は、うれしくて、消防車を追いかけて、どこまでもついて走って行きます。

IMG_0135.jpg

 それが終わると、我が家では、クリスマスイブは、早めにご飯を食べて、早めに寝床につきます。寝る前には、クリスマスに食べるミンスパイというお菓子と、ビールの小瓶をサンタのために居間のテーブルの上に置いておきます。トナカイのルドルフのためには人参を置きます。
 すると、夜中にサンタがやってきて、プレゼントを置くと、ミンスパイをかじって、ビールを飲んで一休みしていくのです。ルドルフも人参をかじります。
 オーストラリアのサンタは、地方によっていろいろな乗り物に乗ってくるようです。サーフボードもあるでしょうが、オーストラリアで良く読まれているクリスマスの絵本、An Aussie Night Before Christmas(Yvonne Morrison, Kilmeny Niland, Scholastic)では、サンタはがたがたのピックアップトラック(オーストラリアではユートと呼びます)に乗ってくるようです。トナカイの代わりにカンガルーを連れて。
santaOZ.jpg

サンタの格好は、アロハみたいなシャツに短パン、サンダル履きです。
santasummer.jpg

 こんな風に、オーストラリアの夏のサンタは、とてもカジュアルなのです。

posted by てったくん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏のクリスマス