2018年02月13日

四国サイクリング一人旅(その8、最終回)

四国サイクリング一人旅(その8、最終回)


12月7日(11日目) 松山から今治を経て、しまなみ海道の大島まで。走行80キロ

いよいよ今日は、松山を後にし、今治を経てしまなみ海道の大島まで行く。しまなみ海道は、大島、伯方島、大三島、生口島、因島を橋でつなぎ、尾道まで続く全長70キロのルートだ。サイクリストには人気のルートで、外国からわざわざ走りに来る人もあるらしい。

P1080595.jpg

朝7時40分、松山を出る。朝は自転車ラッシュだ。学生や勤め人が一定方向を目指してすごいスピードで走っていく。松山から脱出する僕は、流れに逆らって走るので、通勤通学の皆さんの足並みを乱さないよう、道のなるべく端っこをこそこそ走る。

そんな僕は、寒いからズボン下を履いている。松山の若い学生さんたちは、そんなものははかないだろう。僕だって若い頃は、どんなに寒くてもズボン下などはかなかった。はいたら人生終わりだと信じていた。親戚に竜さんという叔父さんがいたが、竜さんは、常にラクダの股引を着用していた。いつも人の家にくると、 ズボンがしわにならないように脱いで、股引になってしまうのだった。竜さんはとても良い叔父さんだったが、ラクダの股引をはく人生とは、どれほど屈辱的な人生だろうと僕は想像していた。 しかし、今やその僕もちょっと気温が下がろうものなら、股下がスースーして、もはやズボン下なしの人生など考えられない。人間変われば変わるものだ。しかし、ズボンを脱がなければ、股引をはいていることが他人には分からないから、僕はやたらに人前ではズボンを脱がないことにしている。

松山からは国道196号線を走る。まずは今治までの50キロだ。196号は海沿いで、豊後水道の向こうは山口県。海にはいくつも小島が浮かんでいる。愛媛の瀬戸内側の海岸線は、太平洋側の高知とは趣が違う。高知沿岸は漁村がパラパラとあり、その間は岩場や砂浜が点在するばかり。中浜万次郎のように、そこから流されれば、黒潮に乗ってハワイまで行ってしまうのも分からなくはない。一方、松山から瀬戸内よりの豊後水道には強い潮流があるから、小舟で流されてもすぐに潮に捕らえられ、瀬戸内をぐるぐる回っているうち、そこらの岩場にぶつかって沈没してしまうのではないか。 だから、この辺りからは、ジョン万次郎のような偉人がなかなか輩出されなかったという仮説も立つ(わけないでしょう!)。

愛媛の瀬戸内よりでは、海岸の入江の奥には工場や造船所、石油のプラントなどがどーんと構えている。その周辺の集落には、それらの工場などで 働く人たちの社宅や住宅が建ち 、駐車場にはピカピカした車がびっしり停まっている。勤労者たちは、平日はプラントや工場で働き、週末は、こられの車に家族を乗せて出かけて、青空の下で草野球などして健全に過ごすのだろう。「お父さん、今日はヒットを打てて、かっこ良かったじゃないの。はい、おビールもう一本、今日は特別よ。」そんな光景が 、社宅の中で繰り広げられるのだろう。そうだ、そうに決まっている。

実は、本日の走行ルートを考えた時、今日は今治泊まりにするのか、もっと先まで行くのかで悩んだ。 今治までは50キロだから、昼には着いてしまう。だとすると、午後は今治で時間を潰さなくてはならない。その代わり、翌日一気にしまなみ海道70キロを尾道まで走るのは悪くない。かなりその考えに傾いていた。

そのことを昨晩、松山の居酒屋でマスターに相談した。ところが、マスターは言下に、「今治には、はっきり言って何もないです。町には生気もないし、寄っても仕方がない」と言い切った。この一言に少々驚いた。なぜなら、今治は昔から手ぬぐいやタオルの産地として知られており、だから、きっとその町並みはハイカラでお洒落だろうと想像していたのだ。ところが、どうやらそうではないらしい。そこで、今治は通過することにした。

P1080612.jpg

そしたら予定通り、昼すぎには今治の外れの来島海峡大橋のたもとに着いてしまった。そのままずんずん橋を渡ってしまっても良かったが、僕はそこで立ち止まった。昼飯をまだ食べてなかったからだ。

くるっと方向転換をして、今治の方へ少し戻ると、道端にセルフうどんの店がある。松製麺所という名だが、製麺所と言うより食堂だ。ここに入る。セルフうどんは、すでに全国を制覇したようだが、オーストラリアに暮らす僕は、あまり体験したことがない。メルボルンにも讃岐うどんがあるが、メルボルンの日本食に関して言うなら、「目黒のさんま」はまずあり得ないので、入ったことがない。だから、セルフうどんと聞くと緊張してしまう。セルフうどん屋 でおかしな挙動をして、四国の人たち笑われたら、東京生まれの名折れだ。

入店すると、数名が列に並んでいる。 さっそく前の人の真似をしてお盆をとり、そのまま50センチ左に移動すると、麺を茹でている人がいる。この人に、麺の大中小の区別と、ひと玉か、ふた玉か、 数も言わなければならない。その上、暖かい、冷たい、汁に入れる、上からぶっかけるなどの指定をする必要もある。それだけのことを、ほんの2、3秒で決断しなければならない。僕のようにお昼のメニューを決めるのに10分以上かかる人間には、かなりのストレスだ。しかし、前の人が普通に、「中玉一つ、汁に入れてね 」という人だったので、全く同じものを頼む。やれやれ。しかし、決断の時は続く。次はトッピング。とろろ昆布、天かす、各種天ぷら、薬味もネギ、生姜、ゴマなどの障害物がカウンターにずらっと並ぶ。僕は、キノコとエビの天ぷらをとって麺の上にのせ、おかかオニギリも一つとり、無事に会計までたどりついた。どうにか昼食をゲットでき、安堵のため息をつく。

お盆を持って、カウンター席に座る。隣の親父が食っているものをみると、もちろんウドンに決まっているが、親父は天ぷらの類を別皿に載せ、それに卓上のタレをかけて食っている。伊予の田舎者は、けったいなことをするものだと思って向かいの夫婦を見れば、この二人も天ぷら類は別皿に置き、それをタレでなく塩で食っている。慌てて店内を見渡せば、ほとんど全ての人が天ぷらは別皿だ。 麺の上に載せているのは僕一人だ。でも、今さら汁で湿った天ぷらを別皿に載せるわけにいかない。そこで隣の親父に見られないように、いの一番でエビ天とキノコ天を食ってしまった。親父は気が付いた気配がない。天ぷらを先に食べてしまって残念であったが、あとは安心してうどんが食べられた。

自らのパフォーマンスに満足し、セルフうどんを出る。これで本当に四国とはお別れだ。来島海峡大橋まで戻り、自転車専用の螺旋状の小道をうんせうんせ、見上げるような橋まで登る。来島海峡大橋は、第一から第三までの三本の橋からなり、全長4150メートルだ。一番高いところが178メートル、橋下は68メートル。サンフランシスコの金門橋は長さが2737メートル、高さは227メートルということなので、これよりも長く、実に堂々たる橋だ。

P1080600.jpg

橋の上に立ち、景色を眺める。今治側を振り返ると、造船所の白と赤のクレーンが林立しているが、背の高いクレーンがはるか眼下に見える。瀬戸内側は、遠くまで島々が見え 、海上には数多の船が東西南北あらゆる方向に向かって元気よく進んでいる。眼下の馬島という小さな島の紅葉が鮮やかだ。

4キロある橋を、景色が素晴らしいので、ゆっくり走る。しかし、4キロは4キロだから、いくらゆっくり走っても、20分もしないで渡ってしまった。するとまた螺旋状の自転車道があって、そこを降りると、そこはもう大島だ。まっすぐ宿についてしまってもつまらないので、島を周回する。交通量は少なく、ほとんど専用道路だ。ここはサイクリストに人気のルートだが、12月初頭の平日に走っている人は少ない。今治から走ってきて、2、3台ロードバイクにすれ違ったくらいだろうか。昔はチャリダーなら、すれ違いざま手を振ったり、大声で「頑張れー!」と激励したものだが、そういう仁義を切っていく人は少なくなった。昨今ロードバイクの3人に2人は、耳にイヤフォーンを突っ込んで音楽を聴きながら走り、他にチャリダーがいても知らん顔だ。

僕はやや寂しい気持ちで、静かな大島の周回道路を走っていく。この島には生活臭がいたるところにある。あちこちに集落があって、畑、竹林、墓地、漁網小屋、石切場、神社、寺、児童公園などがある。今は橋もできて島外まで働きに行く人も多いだろうが、 ここが完結した、一つの楽園のような場所であった形跡は、あちこちに残っている。

P1080635.jpg
海賊の暮らしていた能島

島の反対側の大島大橋の下をくぐると、宮窪の集落だ。今夜はここに泊まるが、まだ早いので、通り過ぎて村上水軍博物館へ行く。水軍とか海賊というのは想像力をそそる存在だ。大島の脇には、能島という小さな島があり、ここには昔海賊がいたと言う。能島の海賊は、近くを通る船から通行税をとったり、豊臣秀吉の軍勢と海 で戦ったりしたと言う。そのことは、『村上海賊の娘』(和田竜著)というポピュラー小説の題材にもなり、漫画にもなったから知っている人もあるだろう。 村上水軍博物館は立派な建物だったが、中身はさほど立派とは言えなかった。一応海賊のことを詳しく展示してあるが、展示物は、いささか銭湯の書き割り絵のような感じだった。一階の受付のところには図書室もあり、水軍についての資料が所蔵されていたが、この資料もあまり吟味した感じではない。そこでは、地元の親父が2人、茶を飲みながら無駄話をしていたから、ここで調べ物をしようという雰囲気でもなかった。しかし、地元の人が地元の施設をどのように活用しようと、僕がとやかく言う筋合いではないのかも知れない。

P1080614.jpg
島の集落

日も傾いてきたので、民宿に向かう。この民宿もまた僕しか泊まる人がいなくて独り占めだ。おかげで、海の見える豪壮な二間続きに泊めてくれた。一人で二部屋をどうやって使おうか悩んだが、一部屋は荷物を散らかし、もう一部屋は散らかさないで寝るだけにした。おばさんはとても愛想の良い人だった。晩御飯は、ご主人が目の前の海で釣ってきたタイやオコゼやイカや色々な魚が何種類も出た。ご主人には悪いが、夕食どきも、このおばさんを僕が独り占めしたから、御飯を食べながら色々な話をした。息子は松山の郵便局勤めで、お嫁さんは松山の生活の方が楽だから、島には引っ越してこないのだと言う。橋ができて便利になったが、今治まで車の通行料が千五百円もかかるから、おいそれとは橋を渡れないのだそうだ。それでも、病院へ行くときなどは涙を飲んでその千五百円を払うと言う。僕のように、遊びで自転車に乗っている者は無料なのだから申し訳ない。だからおばさんは松山に引っ越してもいいと思っているが、おじさんはここで釣りがしたいから、松山には引っ越したくないのだそうだ。そこで、おばさんは民宿をして現金を稼ぎ、同時に世界中から来る人たちとの出会いを楽しんでいるそうだ。人生はなかなか難しいものだが、それぞれの範囲の中で好きなことをして、その幸せを人に分け与えられれば良いのだろう。僕は、このおばさんと、じっくり話ができて嬉しかった。旅の大醍醐味の一つは、 初対面の人とでも、時に深い話ができることかも知れない。

大島の夜は、星がとても綺麗だった。

P1080627.jpg
民宿の部屋は立派だった


12月8日 (12日目、最終日)大島からしまなみ海道で尾道、そこからさらに広島県三原市まで。走行85キロ

朝食の味噌汁にレモンが入っているのが、爽やかで美味しかった。民宿のおばさんと握手をし、記念写真を撮って別れる。

橋を渡って伯方(はかた)島へ渡り、そのまま大三島まで進んで橋を降りた。 大山まずみ神社へ寄る。大三島は、割に大きな島だから、神社まで往復に1時間以上かかった。大山まずみ神社は立派な神社で、ここが島とは思えない。しまなみ海道のサイクリングコースは、橋の上からの景色ばかり取りざたされているが、僕としては島の田舎道も同じくらい素晴らしいように思える。橋の上からの瀬戸内海の絶景は、ケーキに例えるならば、上に乗っているクリームや飾りのようなものかもしれない。

P1080668.jpg
大竹伸朗の作品のようなバス

神社からの戻り、山道を走っていたら、道脇のみかん畑にイノシシを捕らえる檻が仕掛けてあった。見れば、柴犬ほどの子イノシシが二匹入っている。可愛いが、どうせ鉄砲で撃たれてしまうのだろうから哀れなものだと思って見ていたが、もしかしたら、近くに子を盗られて腹を立てた母イノシシがいるかもしれないと気がついた。だとしたら危険だ。こんな人里離れたところでイノシシに襲われたらどうしようと、大慌てでその場を離れる。山奥にはどんな危険が潜んでいるかわかったもんじゃない。

P1080651.jpg
大山まずみ神社の神様は、お酒が好きらしい

次に、多々羅大橋を渡ると生口島。ここで愛媛県は終わり。その次の生口橋を渡っていると、橋の真ん中に広島との県境があった。広島に入った途端に風が強くなり、うんせうんせと向かい風の中を因島に渡る。橋を降りると、大きな道の駅があったので尾道ラーメンというものを食べる。要するに昔風の醤油ラーメンだが、このどこが尾道ラーメンなのだろう?

P1080660.jpg

この道の駅には、自転車をたくさん置いたレンタルサイクル屋もあったが、お客は誰もいない。客もいないのに、朝夕何十台もある自転車を出し入れするのは大変だ。夏やゴールデンウィークにはたくさん来るだろうが、果たしてこれだけの数の自転車が必要なのか。 確かに、しまなみ海道は、サイクリングに人気の場所だが、このレンタサイクルのように、いろいろなことが、やりすぎに感じられる。まあ、このように整備しないと、より多くの人に来てもらえないのかも知れないが、過剰投資としか思えない。しかし、これが日本のやり方なのかも知れない。

P1080672.jpg

因島を走りながら、ああ、もうここは四国じゃなくて広島県なのかと思ったら、途端につまらなくなった。広島県が嫌いなわけじゃないが、四国旅行は終わったと言うことだ。道脇に大きな白い恐竜の彫刻があって、そこで記念写真をとるが、はしゃぐ気にもなれない 。おまけに、広島県に入った途端、島特有のひなびた感じも薄れてしまった。道路も広くてまっすぐだし、 交差点には信号機がついたり消えたりしている。おまけに、この因島の重井港からは対岸の広島県三原市までフェリーが出ていて、それに乗れば、たった30分でこの旅が終わってしまうのだ。僕は、今夜は三原市に泊まるのだが、なぜならそこから広島空港へバスが出ているからだ。明日の朝僕はそのバスで空港へ行き、昼には東京行きの機上の人になる。

でも、そんなに早く三原に着くのはつまらない。まだ午後2時だから、もう一つ残っている向島を走り抜け、そこから渡しで尾道まで渡る。そこまでで、しまなみ海道は終わりだが、さらに尾道から三原市までもうひとっ走り、13キロ残っている。最後の最後まで、行けるところまで走って行くのだ。

風はいよいよ強くなり、因島大橋を渡るときは、景色を楽しむどころではなかった。向島に至っては、ここのどこが島なのだろうかという感じだ。しまなみ海道は、愛媛側は田舎でひなびていたが、広島側はどこにでもあるような田舎町の風景だ。尾道に近づくともはや市街地と呼んでいいような町並だからつまらない。その中に尾道へ渡るフェリーへの道しるべがあった。尾道大橋は自動車専用なので、自転車と歩行者は、船で尾道へ渡らなければならない。

フェリー乗り場へ行くと、川と見紛うような細い海峡が見え、たくさんの船が行き来している。反対側に尾道の町並みが見えるが、そこにはもう新幹線だって走っているのだ。

10分ほどでフェリーがきた。船頭に小銭で渡賃を払う。自転車に乗った人、学校帰りの高校生など、10名ほどが乗り込むと出港。ものの5分で尾道だった。

P1080686.jpg
尾道へ渡るフェリー

尾道は坂の町だ。一番下に港があり、街があり、その真ん中を国道2号が走っている。その向こう側に胸をつくような坂があって、町並みが山の上まで続いている。国道2号には、トラック、バス、乗用車、バイク、自転車が、あっちからもこっちからもやって来る。やはりここは本州だ。僕はしばらく、たくさんの自動車を眺めていた。南を見れば、その向こうに瀬戸内の島々が、午後の斜光の中で緑色に輝いている。その後には四国がある。僕は、そこを走ってきたんだなと思う。

かくして、12日間の四国サイクリングは終わった。国語の先生だったら、最後に感想を書けと言うかも知れない。でも、書きたいことは散々書いたから、もうあまり書くことはない。近年はインドに行ったり、東南アジアに行ったり、ヨーロッパに行ったりもしたが、自分の生まれた国日本の、それもまだ行ったことがなかった土地を時速20キロで移動したことは新鮮な体験だった。もう20年以上もオーストラリアに住んでいる僕には、初めてなのに、とても懐かしい旅でもあった。四国は優しい土地だ。なぜかと言うと、空気が柔らかかった。

おっと、まだ尾道から三原まで最後の13キロが残っていた。 僕は、トラックや自動車が多くて埃っぽい国道を、西陽の方に向かって走って行った。


P1080700.jpg
自転車担いで東京へ帰る私(三原駅前で)

(僕の、8回に渡った四国サイクリング旅行の記は、これで終わりです。旅自体より長いみたいな文章になってしまったけど、ここまで付き合って読んでくれたみなさん、どうもありがとうございました。またいつか、どこかで、さらなる旅でお会いしましょう!)






posted by てったくん at 20:04| 日記